« Report.07 “よしッ機材をなんとかしよう!” | トップページ | Report.08 “徒然に思うコト” »

東日本巨大地震(東北地方太平洋沖地震)に関して

Hope_2

このたびの未曾有の震災で被害に遭われたすべての皆様に心からお見舞いを、そして亡くなられた方々に心からお悔やみを申し上げます。

今後一人でも多くの方々が、一分一秒でも早く救助されることを願っております。


―――― 2011年3月14日。
未曾有の大災害が発生して3日めの夜を迎えました。
こんな個人製作の自主映画に特化した、場末のブログをいったいどれほどの方々がご覧になっているのかわかりませんし、このような状況にあって僕個人は何のお役にも立てず、情けない思いをしております。

しかし、いまだに携帯等の電話よりもネットのほうがつながりやすい状況と聞いております。

何かのきっかけでこちらを訪れてくださった誰かのお役に立てればと、キーを叩いております。


【各種災害用伝言サービス】

▼NTTドコモのiモード災害用伝言板サービス
iMenuトップの災害用伝言板リンクからアクセス。

伝言板にメッセージ登録が可能なのは青森県、秋田県、宮城県、山形県、福島県。

PCからメッセージを確認する場合はhttp://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi。


▼KDDIの災害用伝言板サービス
EZwebトップメニューかauoneトップから災害用伝言板へアクセス。

安否情報の確認はhttp://dengon.ezweb.ne.jp/


▼ソフトバンクモバイルの災害伝言板
Yahoo!ケータイの災害用伝言板メニューかMy Softbankからアクセス。

安否情報の確認はhttp://dengon.softbank.ne.jp/。


▼NTT東日本

災害用伝言ダイヤル「171」と災害用ブロードバンド伝言板「web171」。


▼ウィルコムの災害用伝言板

ウィルコム端末からのアクセスはhttp://dengon.clubh.ne.jp/。

他社携帯やPCからのアクセスはhttp://dengon.willcom-inc.com/。


▼イー・モバイルの災害用伝言板
アクセスは、ブックマーク(お気に入り)→EMnetサービス→災害用伝言板→災害用伝言板トップページ。

安否確認はhttp://dengon.emnet.ne.jp/。


【計画停電に関して】
震災による発電所の運行停止にともない、必要な電力を確保するため、3月14日より地域をグループ分けして1日3時間程度毎の計画的な停電が実施されます。
これによって地域によっては断水も予想されるとのことですので、公共機関からの情報に充分ご注意ください。
計画停電の実施地区、期間については下記の東京電力のウェブサイトでご確認ください。
http://www.tepco.co.jp/index-j.html

【ボランティア活動に関して】
使命感を持って被災地へボランティア活動に向かいたい方も大勢いらっしゃるかと思いますが、3月14日現在、まだ現地は危険で、救命のプロが作戦展開中です。
現地へ向かう緊急・救命チームの交通手段の混乱を助長させないという意味も含めて、行動開始は今しばらく待ちましょう。
まずは、プロに任せましょう。

「危険地帯にいる一般人を極力減らす」ことが、まず第一です。
警察・消防・自衛隊が数百名の方のご遺体を確認しつつも、危険で現場に近づけないという現状です。
このような場所にアマチュアが行ってはいけません。
場合によっては、プロの救命・救助チームの活動の障害となる可能性もあります。

今は「緊急性のあるプロの仕事を増やさないこと」が、最良のボランティアです。
ボランティア活動をしたい皆様の力が必要になってくる時が、今後必ずやってきます。
そのときにこそ、存分にご活躍ください。

また、闇雲に使用済みの毛布、衣類などの物資を送ろうとせず、何処の機関が何を必要としているかの情報を集めて、本当に必要とされる物を送りましょう。
いつも災害時には一般から送られてくる物資がかえって使われず無駄になることが多いです。
現地に何かを送って役に立ちたいが、何が良いのかわからない……もしそうであれば、その志は義援金に託しましょう。
義援金によって確実に必要な物を現地判断で調達して頂くのがいちばんです。


【偽情報について】
関東大震災の時「外国人が井戸に毒を入れたり略奪・暴行行為をおこなっている」・・・・などといった極めて悪質なデマが流れ、不幸な事件が多発しました。
これは日本の歴史上、大きな“汚点”として記憶されております。

あれから88年も経っているというのに、ネット上の書き込みやチェーンメールで、同じようなデマを流す大馬鹿者がいるとのことです。

恐ろしい余震がおさまらぬ中、一人でも多くの生命を助けようと、まさに今この瞬間も被災地では血の滲むような努力が続けられています。
いまだ安否不明の方のご家族、そして亡くなった方のご遺族は悲しみにくれています。
……そして、50カ国以上の方々が積極的な支援に乗り出してくださっている今、多くの人々を迷わせる偽情報を流すなどとは、日本人として極めて恥ずかしいことです。

個人で出来ることの大小に関わらず、皆で一丸となって救命を考えねばならないこの時に、悪意やいたずらで偽情報を流す人間は、年齢・性別に関わらず「殺人罪」に匹敵する大罪です。

日本は、歴史上希に見る大惨事を経験したのです。
誰にでもわかるこの“現実”をいまだに理解できず、いや、理解できる知能を持たず、他人事として面白がっている、まさに地球上から排除すべき人間が、この危急存亡のときに関わらず、くだらない偽情報を流しているのです。

皆さん、流言飛語に惑わされないように気をつけましょう。
救助を待つ人々、現場で懸命に救難活動している人々のことを考えましょう!
無理に活動せず、正しい情報だけを精査して伝えるだけでも立派なボランティアになります。
もちろんテレビやラジオのニュースの全てが完璧に正しいというわけではないでしょう。
しかし、それらの情報も理性的に物事を考える材料になります。
過剰な反応を避けて、「ちょっと待てよ、これは本当なのか?」と一拍おいて落ち着いて情報を考えるようにしようではありませんか。


……あらためまして、被災者の皆様のご無事を心よりお祈り申し上げます。

|

« Report.07 “よしッ機材をなんとかしよう!” | トップページ | Report.08 “徒然に思うコト” »

★AT RANDOM」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1036848/39218973

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本巨大地震(東北地方太平洋沖地震)に関して:

« Report.07 “よしッ機材をなんとかしよう!” | トップページ | Report.08 “徒然に思うコト” »