« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

Report.25 謹賀新年 2012

2012
※クリックすると拡大します。


皆様

謹んで新春の寿ぎを申し上げます。


昨年は各方面でご活躍中の大勢の皆様から格別の御厚情を賜りました。
厚く御礼を申し上げます。
今年もご支援ご指導の程、宜しくお願い申し上げます。
2012年が皆様にとって佳き年でありますようお祈り申し上げます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


思い返すに、2011年は何とも落ち着かない1年だった。

過去にも個人的に「今年は心身共にサッパリだったなぁ」と思えた年は何度もあったが、昨年ほど日本、ひいては世界的にこれほど困った年は無かったように思う。

ひとことで言えば「不愉快な年」だった。


天災・人災が相次ぎ、それに呼応して経済も悪化して不安感が蔓延した。
この不安感というのが厄介なウィルスのようなもので、ネット上の動向を眺めても、不安感から極端な言動に走る人々が如実に増えて、かえって「この人、大丈夫かな?」と心配になったこともあった。

原発事故をはじめとして、大きな問題が収束するまでまだまだ時間はかかるし、被災地の方々や避難生活を送られている方々の苦労も軽減されたとは言い難い。
しかし不幸中の幸いで、不安感に喘いだ多くの人々によって撒き散らかされた不穏な情報や噂は、ほとんどすべてハズレた。

彼らが震災や原発事故直後に感情的になって放散していたあの恐ろしい情報の数々。
もしこれがすべて当たっていたならば、今頃日本のほとんどの地域は人が住めなくなり、人口も激減しているはずである。

しかし僕はこうしていつもの年末年始と変わらず大晦日には蕎麦を食い、元旦には届いた年賀状を眺めてノンビリと映画のDVDを観ている。
明日か明後日あたり、死ぬような気配はない。


―――― 僕は2012年は、そう悪い年にはならないと楽観視している。

人間の感情とは案外単純なもので、その単純さは集団になればなるほど凝縮されていく。
そういう動物である人間にとって「節目」というのはけっこう大切で、その大きな「節目」が年末年始である。

「去年は本当に酷かった。来年はナントカしなければ……」と、全員が思っていれば、必然的に、そしていつの間にか物事はそういう方向に進むものである。
集団心理は暴走すると恐ろしいが、正しい危機感を持って前向きになろうとする集団心理のパワーは、ときとして美しい結果をもたらしてくれる。
僕はそれを信じたい。

僕自身、去年の3月以降は仕事の内容、量、速度が激変して、生活に影響が及んだ。
ここまで変わると、今後の方向性を考えねばならないと真剣に考えたほどだ。

……しかし、落下したボールはいずれ地面に激突するが、落ちるところまで落ちた後は、跳ね上がるばかりだ。
跳ねたボールは誰かがひょいと手で掴み取れば、もう地面に落ちることはない。

今年は、そんな年になると思う。

いや、そういう年にしようじゃないか。


僕の2011年は、『消滅戦街道』の製作、その一点に凝縮されていたと言ってもいい。
このため、好きな映画を観に行くのも、趣味の模型作りも自粛していたし、貯蓄をはたいて必要な機材等も新たに買い揃えた。

僕は昔から仕事で手がける映像作品と個人でつくる自主製作映画は完全に切り離して考えている。

ただ、映画づくりは旧交を温め、そして人と出会うことだと常々思っているので、自主製作で完成した映画を通して、できれば仕事の面でも関わったすべての方々の何らかのメリットになるように進めていくのが礼儀だと考えている。

この映画は「TEPPROJECT創作活動開始30周年記念作品」と銘打っている。

だからこそ、激動の一年と言われた2011年も怯むことなく製作を続けてきたし、生涯の創作活動の一端、自作の“フラッグシップフィルム”として長く記憶に残る作品にしたいと思っている。

注意深い状況把握と周囲に惑わされぬマイペース……これが今年のテーマだ。

―――― 昨年の撮影では主要キャストの出番が続いたので、記録写真も揃ってきた。

これを機に、モチベーションアップの材料として、所謂フライヤーを作ってみることにした。

Thelosturbanwarfarefly_2
※クリックすると拡大します。


僕は映像専門バカで“紙物”の仕事はまったくやらないのでアンバイが掴めず、正直言ってこういうものを作らせると、ヘタだ(笑)
出演者の皆さんの良い表情を捉えた写真がいっぱいあるので、今回のものは「試作品」または「速報」として見て頂き、映画完成後の「正規版」はプロのデザイナーさんにお願いして作ろうと思っている。

2月……延びたとしても3月いっぱいくらいまでに本編ドラマ・パートの撮影を終了して、本格的な特撮パートに入りたいと思っているのだが、現在の映像編集・加工ソフトのスペック、そして利便性を考え、当初は夏頃に完成させたいと考えていた。

しかし、昨年 撮影した素材を編集しているうちにいろいろと欲が出て来てしまい、全てのカットに手を入れて磨いていきたいと思うし、音響効果にも出来うる限り凝りたいと思い始めた。

この様子では、どうも今年冬の公開か、来年のお正月映画になってしまいそうだ(笑)


しかし「〆切りがない」というのは個人製作の自主映画の最も大きな“特権”である。

納得いくまで手を入れようと思っている。

Thelosturbanwarfaref2_2
※クリックすると拡大します。

| | トラックバック (0)

Report.26 “対策本部 任務終了”

01

社会人が自主製作映画を手がけるとき、もっとも悩むのが「スケジュール」である。

まがりなりにも映画を撮るってんだから、多少はお金がかかることは最初から覚悟しなければならない。
また時間もかかるが、時間というのは「つくるもの」であって、先々の予定を考えれば何とかなる。
とくに自主映画の場合はコンテストに出品するなどの“〆切り”が無い限り、満足の行く作業が出来るまで何年かけてもいいわけで、〆切りや納期が厳密に決められた仕事と違って焦ることもない。

しかし、完全個人作業のアニメーション製作等の例外を除けば、映画づくりは「人と会う」ことだ。
仕事を持っている、または個人的創作活動を展開している10人以上の社会人が一堂に会するというのは、実は思いの外難しい。

現場では本当に熱心に手伝ってくださる人々なので、普段の生活……仕事や創作活動……のお邪魔になることはしたくない、というのが僕の本音だ。
参加してくださっている皆さんの予定をうかがって、ジグソーパズルのように組み合わせて撮影スケジュールを組んでいく……これが実に難しい。

映画づくりそのものは底抜けに楽しく、いつまでも終わらないで欲しいと思うほどなのだが、ことスケジュール調整に関してだけは、いつも胃の痛む思いをする。


……そんな中、本作の大きな“柱”のひとつとなっていた「対策本部」のシーンが、ようやく終了した。

出演者の皆さん、そして参加スタッフの皆さんがいろいろとスケジュールを合わせて下さったおかげである。
メインキャストの中から、撮影完了の役者さんが出てくるというのはそれだけ製作が進んでいる証しなので、これほど嬉しいことはない。


東京情報大学でのロケ開始は2011年12月3日。
そして最終日は2012年1月21日
通算3日間のロケだったが、ついに「最終回」である。

前日は都内も初雪だったので、ロケ先である千葉県内の東京情報大学まで行くのにもしかしたら支障があるかも知れないと心配したが、当日は雨天だったものの移動に問題はなかった……と思ったら、埼玉方面で火災があり、その影響で電車が止まって2万人の足に影響が出るハプニング。
塩野さんが埼玉方面からの移動なので大丈夫かな?と思ったが、さほど遅れることもなく集合場所に来てくださり助かった。

いや~しかし、いろいろなことがあるもんだ。


今回も「対策本部」シーンの常連の……

「危機管理局・情報対策本部補佐官 角倉」役の萩原さん。

「危機管理局・防衛対策本部別室チーフ 岡崎」役の塩野さん。

「防衛省・危機管理局付士官 長谷部」役の瀬川君。

04_2


この3人に加えて、東京情報大の伊藤先生のお力添えで女性オペレーター役として吉野さんが参加してくださった。

03_3

……おや?


05_2
TEPPROJECT作品お馴染みのキャラクターがゲスト出演??(笑)


スタッフは中島さん、粕谷君、高山君、恒田さん、そして映像学院の後輩であるいすず君が駆けつけてくれて、10余年ぶりの再会となった。


今までの撮影で、エキストラさんが多めに必要だったり、別の部屋に移動する必要があるシーンはすべて撮り終えていたので、この日は正真正銘、対策本部室内の残りのシーンの消化だけとなったが、さすがに3回目のロケともなると出演者・スタッフの皆さんも手慣れたもので、しかもまた東京情報大の伊藤先生が全面協力してくださったので、予想以上にスムーズに撮影が進んだ。


対策本部のシーンは、この作品の中でも特に問題提起を含む台詞が多く、映画の“背骨”とも言える部分なので、撮り終えた今、本当にホッとしている。


出演者の皆さん、思い返せば何度も繰り返したホン読み・立ち稽古から1年、本当にお疲れさまでした!

これからアフレコ作業も待っていますが、現場のテンションを保って、最終仕上げまで引き続きよろしくお願いいたします!

02a_2


●お知らせ(再々)●
毎度いつものお知らせです。
『手づくり活動屋本舗』の動画コンテンツは、開設以来「@ニフティビデオ共有サービス」を活用させて頂いておりましたが、本サービスが2011年6月末日をもって終了したため、現在は動画の閲覧ができなくなっております。
今後、別の動画アップロードサービスの導入により復旧させる予定ですので、しばらくお待ちください。
なかなか手が回らず、お恥ずかしい限りです。申し訳ございません。
(TAC宮本 2011年1月26日)


| | トラックバック (0)

Report.27 “初のラッシュ試写”

05

『消滅戦街道』は昨年夏より撮影が開始されたが、撮影素材の一部は「対策本部」シーンのモニターに映る小道具として使用するため編集・加工して皆であらかじめ観たものの、本編ドラマパートの試写は今まで一度もおこなっていなかった。

今年に入ってからは、2月上旬に最後の大がかりな戦闘シーンの撮影を予定していたが、ロケ候補地が予想以上の降雪で、加えて多少スケジュールをズラすと出演者の皆さんの都合が合わなくなるため、思い切って撮影時期をすこし待つことにした。

そんな状況の中、あまりにも長期間、何もしないままというのでは昨年あれだけ熱意を持って参加してくださった出演者、スタッフの皆さんに申し訳ないと思い、新年会を兼ねた初の「ラッシュ試写」をおこなうことにした。

僕は、今回の作品では現場の雰囲気と役者さんの持ち味を生かすため、敢えてほとんど絵コンテを描いておらず、現場判断でドンドン撮影を進めていったし、たいていの撮影には不可欠なコウバン表も「仕事と違って当日何がおきるかわからないから臨機応変に対応したい」という思惑から準備しなかったので、役者さんも演出に沿って演技してくださったものの、実際にはどんな絵柄、つながりになるか解りづらかっただろうし、何はともあれその説明をしたいということと、また今後の撮影へ向けてのモチベイション・アップをして頂きたいと思い、仕事の合間を縫って撮影済みの素材をチマチマと編集して、数シーンだけ試しにご覧頂くことにした。


01

試写で見やすいように……というよりは場が盛り上がるように、一応簡単に効果音と音楽を加え、全体の雰囲気を掴んでもらうために簡易のデジタル合成も一部に加えておいたが、実際には編集ももっときめ細やかにしたいしワンカット毎にカラコレ(色調・画調の補正)もしたいし、音声も整理したいので、今回はそれらをおこなっていない、本当に荒削りの試写用仮編集版なのだが、それでもとりあえず皆さんにご覧頂ける体裁を整えてDVDに焼くまで、2日ほど徹夜になってしまった(笑)

ラッシュ試写&新年会は2012年1月28日

場所はいつも打ち合わせ場所等に使わせて頂いている河合さんのオフィスで、ここは画質の良いプロジェクターと大型スクリーンが備えられていて、ちょっとしたミニシアタークラスの雰囲気でビデオを鑑賞できる。
どこかのお店を借りて……とも思ったのだが、こちらのオフィスは皆さんのホン読みや衣装合わせでも使わせて頂いたお馴染みの場所なので、アットホームな雰囲気で寛いで頂けると思ったのだ。

皆さんいろいろとお忙しいので、果たして当日はどのくらいの方々にお集まり頂けるだろうか……と思っていたのだが、フタを開けてみれば、もうキャパぎりぎり、20名以上の方々にお集まり頂き、おつまみをパクつきビールを飲みつつの楽しい試写となった。


02


先にも書いたように、随分と荒削りな編集の試写版だったので、皆さんを失望させてしまうのではないかとかなり心配だったのだが、実際にご覧頂くと、

「こんな迫力があるとは思わなかった」
「試写だから全部じゃないのはわかっているが、早く続きが観たくてワクワクする」

と感想を頂き、皆さん大いに盛り上がってくれたので、ホッと胸を撫で下ろした。

08


当日は完成したばかりの速報フライヤーもお配りしたが、これも喜んで頂けた。

また、出演シーンが別なので現場で顔を合わすことの無かった役者さん同士、スタッフ同士で交流ができて、楽しいひとときを過ごすことができた。

オフィスを使わせて頂いた河合さん、今回も本当にお世話になりました!


04


06


07
……チョット部屋が暗かったので、写真がブレちゃってゴメンナサイ(^^;)


これからまた、今年度のドラマパート撮影の本格的な準備が始まる。

もう一踏ん張り……いや、二踏ん張りくらいかな。

その後は特撮のほうになだれこんでいく。

テンションを保って頑張って仕上げたいと思う。


皆さん、昨年は本当にお疲れさまでした。
そしてありがとうございました。

今年もよろしくお願いします!

03

| | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »