« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

Report.29 “久々のロケハンで、思わず趣味に走るカントク”

Mauto01

仕事のスケジュールがチマチマと重なり、梅雨空にもなり始め、なかなか撮影に踏み切れないうちに、前回の撮影から1ヶ月……。

やはり昨年に比べると進行スピードが落ちている。

出番待ちの役者さんたちも「この映画、大丈夫かな?」と思い始めているのではなかろうか。
イヤハヤ、本当に申し訳ないです!

ダイジョーブ!
亀の歩みに等しい速度ではありますが、事前準備は進めております!
長々とお待たせして恐縮ですが、そろーっと再起動を開始しますので、皆様どうかお付き合いのほどを……m(_ _)m

―――― というわけで、梅雨に入ったんだか異常気象だかワカラナイような天候の中、珍しい晴れ間を選んで久しぶりのロケハンである。

『消滅戦街道』では、役者さん演じる自衛隊員と敵部隊兵士のライブアクション、そしてミニチュアワークを多用した特撮で戦闘シーンを描いていくが、そうは言っても車輌等の全部が全部、ミニチュアモデルというわけにはいかない。
画面にリアリティや広がりを少しでも持たせたいし、やはりチラリとでも“本物”が出演していると効果的だ。

そこで、株式会社M-オートさん(仮称)にお願いして、車輌をレンタルさせて頂けないかと考えた。
M-オートさんは劇用車レンタル会社の老舗で、皆さんが普段目にしているテレビドラマや映画で珍しい車や古い車が画面に出て来た場合、たいていその作品は車輌の手配をM-オートさんにお願いしていると言っていい。

とは言え、ウチは立派な劇映画と違い、低予算の自主映画である。

大丈夫かな……と思いつつ、M-オートさんの事務所にご連絡を差し上げ、主旨をご説明したところ、快く相談に乗ってくださり、とりあえず現物を見においでということになった。

そこで、いつもお手伝いしてくださっている中島サンにお付き合い頂き、M-オートさんの事務所に御挨拶して劇用車モータープールを“下見”させて頂くことになった。

……いやぁ、イカン!
こんな場所に来てしまうと、働く車、旧車、軍用車が大好きというマニア心が刺激されて、当初の目的を忘れてしまうところだった。

このモータープールに置いてある車輌はM-オートさん所有のものの極一部なのだが、それでも面白い車輌がギッシリと並べられている。
刑事物のドラマや映画でお馴染みの警察車輌や1930年代頃からのピックアップトラックなど、見ていて飽きない。

Mauto02

Mauto03

……そんな中でも目を引くのが、今となっては稀少な第二次大戦中~戦後復興期頃に使われていた軍用車輌だ。

Mauto04
黎明期の陸上自衛隊で広く使用されていた3/4トントラック トヨタFQ-15
車齢はゆうに40年を超えるだろう。


Mauto07
こらちはもっと古い。第二次大戦中から使用されていたダッジ3/4トンWC52ウェポンキャリア“ビープ”。見たところ1945年式のようだ。


Mauto08
当初、民間型のCJ-5ジープをグリーンに塗って軍用に見せているのかなと思ったが、よくよく見ると本物の軍用M38A1ジープ“ブルドッグ”
米海兵隊特有のマリーンコー・グリーンに塗られていた。
しかも貴重な初期型とのこと!


Mauto05
これも驚いた。
一見して第二次大戦型ジープの代表格、ウィリスMBのように見えるが……。

Mauto06
後ろ姿を見てビックリ。ウィリスMBジープと同規格でフォードが生産した、フォードGPWの1945年式だった。リアパネルにくっきりと“Ford”のエンブレムが浮き彫りにされている。

……おっとっと!

そうじゃない。
クラシックカーを見学してハシャギに来たのではない。
ロケハンと劇用車のセレクトに来たのだ(^^;)

まず、目的のクルマはコレだ。

Mauto09
三菱ジープJ24。陸上自衛隊では「73式小型トラック」と呼ばれてきた車体だ。

Mauto10
現在ではパジェロを原型とした「新73式小型トラック」がどんどん配備されているので、それと区別して「旧73式小型トラック」と呼ばれる。
新型配備に従い次第に退役しているため、近未来を舞台とした『消滅戦街道』に登場する車種としては少し古いかも知れないが……ボクらの世代、自衛隊のジープといえば、やっぱりこのカタチなのである(笑)
監督の趣味の世界になってしまうが、何とか出演させたいと心が揺れる。



次のお目当ては……

Mauto11
劇用救急車の影に隠れてやや見えにくいが、やはり自衛隊といえばこのクルマだろう。
いすゞ3トン半トラック(旧型)SKW-462
非公式に「73式大型トラック」と呼ばれている車輌だ。
通常、このような自衛隊専用車両は民間に払い下げられないので、これは貴重な存在。
特撮映画をはじめとして、様々な映画に登場する陸自3トン半の劇用車といえば、M-オートさん所有のこれだけである。
このトラックだけは何とかレンタルしたいものだ。


Mauto12
ちなみに……これまた他の車に挟まれて見えにくいが、M-オートさんはこんな車輌も所有している。
これも自衛隊専用のトヨタ1トン半 73式中型トラック(旧型)
これまた劇用としては極めて珍しい本物である。

―――― さァ、これで目星はついた!

あとは予算と相談だ(笑)

そしてスケジュール調整……。

主役といってもいい自衛隊員役の皆さん、お待たせしました!
ぼちぼちと大道具、小道具が揃ってきましたよ!

不安定な天候の状況をうかがいつつ、スケジュール調整だ!

| | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »