« 俳優 古賀テンマ・ドラマPVシリーズ「絆」 | トップページ | 合作映画 ミッション・コンプリート »

日本/ネパール合作映画・特撮パート始動開始!

12


―――― 2015年秋から、盟友・東京情報大学の伊藤教授の監督作品『カトマンズの約束』(日本/ネパール合作映画)に参加していることは以前にも書きましたが、もろもろの準備を経て、この3月から僕が一任されている特撮パートの撮影を開始しました。

その初日は、もっとも人手が必要とされるシーン・・・ネパール側の主人公が余震によって起こった土砂崩れに車ごと飲み込まれるシーンです。


自分の監督作品にせよ、他の方の監督作品にサポートとして入る形にせよ、本編ドラマパートの撮影で実際に使ったクルマの特撮用ミニチュアを作ったことは過去に何度かありますが、今回は勝手が違って少々焦りました。
なにしろ、カトマンズでのロケで使った車というのがISUZUトルーパー(ISUZUビッグホーン後期タイプの輸出専用車。2003年に製造中止)。



02


さすがに、そんなレアなクルマは市販品の模型、ミニカーなどが販売されていません。
つまり特撮用ミニチュアとして使えそうな既製品がありません。

そこでアチコチ探し回って、まぁ似てるよなァと思えるラジコンモデルを数台購入、切り刻んで組み合わせ、切った貼った盛った削った!で形にするという作戦に出ました。



05


04

こうしてピアノ線またはテグスで引っ張ればコロコロ走り、サスペンションが本物の四駆みたいにグニャグニャと効く、全長約30センチ(撮影用語で“一尺もの”と言います)のISUZUトルーパー(もどき)が完成。
細かく観察するとあっちこっち形が違いますが、ほんの数秒の特撮カットだから、とりあえず大丈夫でしょう(笑)


・・・さて撮影です。
カトマンズ郊外でロケをおこなった地形を、いつもお世話になっているお友達の監督さんお手製のセットをお借りして飾り付け、マイナーチェンジさせることで再現しました。



こちらがカトマンズ郊外のロケ地で撮影中、ロケハン写真を撮っている様子とISUZUトルーパー。

01




こちらはセットとトルーパーのミニチュアモデル。
地面の色が違いますが、これは手前に縮尺の合う芝などの植物をナメて撮ることで解決します。

03


強い地震の後に襲ってきた余震による土砂崩れだから、地滑り的な表現が最適だろうとチョットこだわって、撮影方法とセットへの仕掛けを考案。

06


先に書いた通り、トルーパー自体もサスペンションが利くように作っておいたので、16倍のハイスピード撮影の効果もあり、加えて何度もセッテイングを繰り返して粘っただけあり、なかなか良い絵が撮れました。
そのかわり、撮影が終わった頃には みんな土まみれ、ホコリまみれ(^^;)
でも、こういう撮影だからこそ “粘ること” は大切ですネ。



1488710236556



ちなみに今回の撮影では、サポートスタッフの方々以外にも出演者として活躍した俳優さんたちまで手伝いに駆けつけてくれて、楽しく仕事を進めることができました。

皆さん、本当にお疲れ様でした!



11




・・・これで当初からもっとも心配していた特撮の山場を超えましたが、カトマンズのシンボルだった塔が地震によって倒れるシーンを再現するための合成画面用素材の撮影、ヘリコプターの飛行シーンの撮影など、まだまだ撮影は続きます。




Photo



それらを撮り終えたら、ようやく伊藤監督にバトンタッチでお役ご免。
自分の作品『消滅戦街道』の特撮準備と、次に撮る予定の作品(僕としては珍しいサスペンス仕立てのポリスストーリーです)の諸準備に戻れます。




Emblemamini



こちらも進展状況を随時ご紹介していく予定です。

ご期待ください(^^)

|

« 俳優 古賀テンマ・ドラマPVシリーズ「絆」 | トップページ | 合作映画 ミッション・コンプリート »

★AT RANDOM」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1036848/69833813

この記事へのトラックバック一覧です: 日本/ネパール合作映画・特撮パート始動開始!:

« 俳優 古賀テンマ・ドラマPVシリーズ「絆」 | トップページ | 合作映画 ミッション・コンプリート »